お墓参りの思い出

我が家は夏休みでもほとんど遊びに出かけない家だったので、家族皆で出かけるお墓参りは毎年の楽しみでした。

お墓参りの思い出

我が家は夏休みでもほとんど遊びに出かけない家だったので

我が家は夏休みでもほとんど遊びに出かけない家だったので、家族皆で出かけるお墓参りは毎年の楽しみでした。

お参りに行くのは、私の家のお墓、母の実家のお墓、祖母の実家のお墓、無縁仏のお墓です。
全て町内にあるので、2時間ぐらいで全部回れたと思います。小さい頃は、まだ、父方と母方両方の祖母が生きていました。
一緒に行ったのは、父方の祖母とです。

祖父は父が小さい時に亡くなってしまったので、私は会ったことがありません。毎年、お墓参りの時に、祖母から祖父との思い出話を聞きました。
私にとっての祖父は、全て祖母から聞いたものです。
どんな仕事をしていたのか。何故、亡くなったのか。戦争中はどうだったのか。いろいろな話を聞きました。
こうした話を聞いていたので、心からお参りできました。

お墓には、お花と和菓子、葡萄を飾りました。
これは昔から我が家の定番のようで、今でもその組み合わせは変わっていません。ただ、祖母が亡くなると、祖母の実家のお墓と無縁仏のお墓には行かなくなってしまいました。
何だか少し寂しいです。

今は、両親と一緒に車でお墓参りに行っていて、思い出話をするわけでもなく、ただ作業としてのお墓参りになっています。昔が懐かしいです。

Copyright (C)2019お墓参りの思い出.All rights reserved.