お墓参りの思い出

子どもの頃、祖父母が健在な時は、1年に2回は家族全員で電車で1時間ほどかかる墓地にお墓参りに行っていました。

お墓参りの思い出

子どもの頃

子どもの頃、祖父母が健在な時は、1年に2回は家族全員で電車で1時間ほどかかる墓地にお墓参りに行っていました。
同じ大阪府内でも、電車に揺られているうちにどんどん風景が変わっていくのが不思議だった覚えがあります。
お墓参りですが、たまに行く田舎の風景がとても好きでした。
そして、何より楽しみだったのが、帰りにお昼ご飯を食べて帰ることでした。
田舎の食堂だったり中華屋さんだったりで豪華ではないのですが、地元とは違う雰囲気の中でのご飯が楽しみのひとつでした。

家族全員分の電車賃のことを思うと、両親は結構大変だったろうと、大人になった今は思います。会ったこともない祖先だけれど、家族全員でお墓参りをする意義を、何度も行くことで学んだ気がしています。
最近では、お墓を手入れしたり、維持していくこと自体が困難な時代になってきました。

しかし、どんな形であれ、先祖から今の時代に世代のバトンタッチがあって今の自分があることに感謝できる機会なので、お墓参りは大切な行事だと思います。

Copyright (C)2019お墓参りの思い出.All rights reserved.