お墓参りの思い出

私のお墓参りの思い出となると、両親の都合でそれはほとんど夏休み、特にお盆の季節の帰省の思い出と重なっています。

お墓参りの思い出

私のお墓参りの思い出となると

私のお墓参りの思い出となると、両親の都合でそれはほとんど夏休み、特にお盆の季節の帰省の思い出と重なっています。
お墓参り、イコール、とにかく混み合う電車に揺られて、暑くてへばりそうな季節に田舎に出かける、というものでした。
それでも、毎年旅行気分が味わえましたし、田舎に住んでいる親戚にも会えましたから、それなりに楽しい思い出でした。
普段は会わないような従兄弟たちと一緒に、お墓の近くの花屋さんで菊の花束を買って、お墓参りに行きます。
我が家のお墓は分かりづらい場所にあったので、私は何度行っても、なかなかその場所が覚えられなかった事をよく覚えています。墓石を磨いて、周囲の雑草を抜いて、きれいにしてからお線香を上げて、皆で拝みます。
ですが、ここからが私にとってはお墓参りのメインとも言えるところです。
帰り道、お墓の直ぐ脇にお好み焼き屋さんがあって、いつもそこでお好み焼きを食べてから、祖父母の家に帰っていきました。
今はもうそのお店もありませんが、良い思い出です。

Copyright (C)2019お墓参りの思い出.All rights reserved.