お墓参りの思い出

父方の祖父母のお墓は、自宅から高速道路を使って2時間くらいの場所にあるため、お墓参りをする時は、一日費やすイベントとなっていました。

お墓参りの思い出

父方の祖父母のお墓は

父方の祖父母のお墓は、自宅から高速道路を使って2時間くらいの場所にあるため、お墓参りをする時は、一日費やすイベントとなっていました。

子供の頃は、父が運転する自動車で遠くに出かけ、お墓参りの後に外食して帰るという、シンプルだが厳かなイベントだった事を覚えています。最近、親戚が遠方に住むようになったからか、お墓参りに来る親戚の数が少なくなっている事に気づきました。

ある時、お墓参りした際に墓石の周囲が草ぼうぼうになっていました。
ちょっとした草むしりをすることはいつもの事だったので、草刈鎌を用意してあったことが幸いし、いつもより時間はかかったけれど、お墓の周囲を綺麗に草刈りして、綺麗になったお墓にお参りしました。
草ぼうぼうだったこの時の思い出が強烈に頭に残っているので、それからは3週間に一度、必ずお参りするように心を入れ替えました。
特に、夏は雑草の成長が早いので、こまめに草刈りをしてご先祖様が安らかに天国で過ごせるように整えておく事が必要なのです。

彼岸の中日など、必ずお参りする日を忘れないのは勿論、こまめにお参りする習慣がついたのは、草ぼうぼうの墓周辺の状態を眼にした思い出を反省してのことと言えます。

Copyright (C)2019お墓参りの思い出.All rights reserved.